上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の仙台は南風が吹いて、気温は19度まで上がりました。
わ~い!春だ~!とお散歩でもしたいところですが……
そう喜んでばかりもいられないようです。

どうも、最近、体調を崩している森の仲間が多いのです。
背中が痛い、
咳が止まらない、
お腹の調子が悪い、
食欲がありすぎる、なさすぎる、
静電気が痛い、
目が乾く、
腰が痛い、
動悸がする、
めまいがする、

などなど、病院に行くほどではないんだけど、
なんとなく調子がよくない人が多いようです。
また、病院に行ってはみたけれど、
「どこも悪いところはありませんよ」
って言われちゃって、
自分の中での「藪医者ランキング」ができちゃうとか。(苦笑)

栗木ンディも、
ここ3ヶ月、ず~っと喉の調子が悪いのです。
イガイガした、タンの絡んだ咳が続いています。
よくなったかなぁと思うと、
またひどくなったりして、アップダウンを繰り返している感じです。

そして、その時期が、
どうやら、ネットで流れてくる原発関連の情報と
微妙にリンクしているように感じています。

ここ数日、咳は収まっていたのですが、
どうも内臓がモヤモヤしていました。
うーん、この感じは地震直後(つまり福島原発の爆発後)と
ちょっと似てる感じだなぁ、
と思っていたところに、
森のトトロから警報が届きました。

「体感的に中性子が多い感じ。金属的な物質っぽい感じもするなぁ、
放射性を帯びた水蒸気やチリホコリだけじゃなく、
南風に乗って放射性物質も飛んできてるかもしれないから、
マスク予報を出します。」
とのこと。
うーん、やっぱりそうか…って感じです。
夕方から、また咳がひどくなってきています。

東電も政府も自治体も、
詳しい情報をリアルタイムでは伝えてくれないし、
そもそも、放射性物質が、人間にどのような影響を与えるのか、
学者ですらはっきりとわかっていません。

ホメオパシーやフラワーエッセンスの知識のある人なら
わかってもらえると思うのですが、
物質を薄めて薄めて薄めて薄めて……………
機械的には計測できないほど、物質を0に近づけても、
それは0じゃないんです。
ですが、そのことは、まだ日本の科学界ではオカルト扱いです。
まだ「科学が未熟すぎて解明できていない」んだと思いませんか?

ただ、今はあまり体調のよくない仲間が増えていることは事実です。
思いつく限り、いろんな対処をしてみましょう。

マスクをする、
食べ物の産地に気をつける、
自分の舌を信じる、
発酵食品をたくさん食べる、
温泉や岩盤浴にいく、
ストレッチをする、
前向きに生きる!!
ね、トトロ!


スポンサーサイト
3月も半ばを過ぎているのに、
今年は春の訪れが遅い感じですね~。
梅も桜も平年より開花がだいぶ遅いようです。

この冬は最低気温も各地で平年よりずっと低かったし、
かと思えば、急に前日より10度ぐらい温かな日があったり。

これって、な~んか去年の秋にも同じようなことがあったような…
と思ったら、8月の記事にありました。

「気温と放射能の関係」

この仮説に基づいて、森のトトロが今年の気温予報をつぶやいていましたよ。

「たぶん、急に、暑いと思うくらいの春が来て、
梅雨に入ったら、雨の日はすごく寒くて、暖房が欲しくなるくらい。
だけど晴れたら暑くてエアコンが欲しくなる。
そして夏はまた猛暑になって、10月ぐらいに急激に寒くなるね。」

うーん、これって身体がついていくのが大変そう…。
ただね、気温差が激しいと予測して行動するのとしないのでは、
ダメージの大きさも違うでしょうから、
そのつもりで対処しましょう~~!


森のトトロの天気予報です。

3月3日は桃の節句。ひなまつりです。
トトロは男なので、おひなさまには興味はありません~。

まぁ、一応、暦の話をすると…
「節句」は一年に5つあり、もともとは、季節の節目に、身の穢れを払う日でした。

:::::::::::::::::::::::
 陰暦正月七日 人日(じんじつ)
 陰暦3月3日 上巳(じょうし)
 陰暦5月5日 端午(たんご)
 陰暦7月7日 七夕(たなばた)
 陰暦9月9日 重陽(ちょうよう)
:::::::::::::::::::::::

ひなまつりが現代のようなスタイルになるまでには、
いろいろな歴史があったようです。

参考サイトをどうぞ。
http://www.hinamatsuri-kodomonohi.com/iware.html
http://www.jp-guide.net/manner/ma/momo_sekku.html


では、二十四節気で、この時期の暦を見てみると…
3月6日が「啓蟄」となっています。
だんだん暖かくなってきて、虫たちが土の中から、春をめがけて出てくる季節ですね。

森のトトロは、よく人を観察しているのですが、
なんとなく「人の生命エネルギーが上昇しているなぁ」と感じる時期があります。
それが、この桃の節句から啓蟄にかけてと、夏の終わりから秋口にかけて。

啓蟄の頃は、人間の身体の中の体液も暖かくなってきて、
シュタイナーが言うところの「持ち運びできる土である血」のバランスも
なだらかなリズムになってきます。
森のトトロは、この時期が一年で一番好きです!

ここ数年は、大気汚染や、放射能、毒性の高い農薬散布などのせいで、
せっかく「生命エネルギーが上昇する時期」なのに、
調子の悪い人も多くなってしまいましたが、
それでも、他の時期に比べると、縁起がいい時期だと感じています。
皆さんはいかがですか?
自分の身体の調子、よく観察してみてくださいね。


森のトトロの天気予報です。

2月19日は「雨水」(うすい)です。
日本では、この時期に亡くなる人がとても多いのだとか。

冬至の頃に一度体調を崩すと、
小寒~大寒~立春~雨水までの時期、
折れ線グラフのように、体調が悪くなる~持ち直すという状態を繰り返すことが多いのですが、
最後の関門が「雨水」で、これがいわゆる、
「今夜が峠です…」という日になるようです。
この日を乗り切れば、気温の上昇と共に、回復する人が多いのです。

しかし、この峠を越えられない人が、残念ながら亡くなってしまった場合、
「迷わない」と言われているそうです。
つまり、亡くなる人の行列ができるため、どこへ向かえばいいのか迷わないのだそうです。

森のトトロのおじいさんの命日も2/19日。
亡くなった時、家族は、
「まぁ、迷わなくてよかったよね」と語り合ったそうです。


さて、なぜ雨水の頃に亡くなる人が多いのでしょうか。


ここからは、森のトトロの体感と、
いろいろな職業の方からの情報による仮説ですが…

まずは、グレゴリオ暦の正月よりも、旧正月を盛大に祝う国、
そして農業大国である中国のお話をしましょう。
旧正月で、家族が実家に集うこの時期は、
多くの人手を必要とする、農業の季節のはじまりでもあります。
2月のはじめ頃(旧正月の日程は年によって違います)に、
農薬を散布する農家が多いのです。

その農薬は、偏西風に乗って、日本にもやってきます。
今月のはじめに、福岡で「もや」が発生したニュースがありましたね。
この「もや」が発生したのは、4日~9日頃。
今年の旧正月は2月3日でした。
この「もや」は、中国から飛んできた大気汚染物質ということがわかっています。
いわゆる光化学スモッグというものは、気温の高い夏場に発生するものです。
この時期に大気汚染物質が増えるということは…
やっぱり、そういうことですよね~?

もうひとつ、今回は詳しく書きませんが、
この大気汚染と花粉症の発症時期も関係ありそうですよね。

とにかく、この時期に、風に乗ってやってきた大気汚染物質を吸い込んで、
その毒素を血液中に溜め込んでいる人が増えます。
そして…思い出して下さい、
満月の頃には血の巡りが強くなる、ということを。
(思い出せない方は<2011年1月大寒&満月の天気予報>をどうぞ。)

雨水は、暦上、満月と近いことが多いのです。
今年は2月18日が満月でした。
(毎年必ず満月というわけではありません。)
血液中に溜め込んだ毒素が動き出すのが、ちょうどこの時期になることが多いんですね。
だから、亡くなる人も多い。


では、一体どうしたらいいんでしょう~?

以前にも書きましたが、
身体は、必要なものを欲します。
身体に入ってしまった毒素を、分解して排出するために必要なもの、
それが、「なんだか食べたくてしょうがないもの」なんですね。

ちなみに、栗木ンディの息子は、ゆうべ、みかんと梅干しを爆食いしていました。
もちろん、何も教えていないにも関わらず、です。

トトロのおススメは、
「アスコルビン酸」(できれば錠剤ではなく、原末タイプがおすすめ)
「クエン酸」
だそうです。

アスコルビン酸は、ビタミンCとして販売されています。
クエン酸は言うまでもなく、柑橘類や梅干しに多く含まれています。
アスコルビン酸やクエン酸をとることで、
毒素の分解、解毒が進み、楽になる人も多いようです。

すごいですね~!
身体はちゃんと知ってるんですね~!


このブログを読んでいる皆さんは、もうおわかりだと思いますが、
これらを「おいしく感じない」なら、効き目は期待できません。
自分の感覚を信じてくださいね!




森のトトロの天気予報です。

太陰暦のお正月おめでとう!
今回は新月と節分が重なりました。
(ちなみに…2010年は2月14日のバレンタインデーが新月=旧暦の元日でした。)

節分は、季節を分ける日のことで、実はこれも年に4回あるのですが、
現在の日本では、立春の前日の節分のみが有名ですね。
占いなどでは、この前後で年を分けて考えるのが正式なやり方です。
(2月2日までの生まれの人は、前年を生まれ年として考えます。)

新月前夜から、三日月になる頃まで、身体は新月の影響を受けやすいようです。
この時期の身体は、血のめぐりが、外の世界と馴染むようにしずまり、
いわば、リセットされた状態になります。

新月明け2日後の三日月からは、
血のめぐりが、自分のリズムを取り戻し始め、いわば、再起動が始まります。

満月の時のように、血圧が上がった感じを受ける人もいるでしょう。

新月には、いつもと違った発想の行動をとる人が多く、
また、「調和」な気分になる人が多いので、
会議などの開催に向いています。

いつも、保守的だったり、他人の意見を聞かないタイプの上司も、
この時期に提出した企画書は、
「いいんじゃない~」と、あっさり通してくれるかもしれませんね!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。