上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2番目の話は
「カッコ悪く覚える」
です。

何かを覚える時に、カッコ良く覚えようとすると、
実は本番でカッコ悪いことになるんですね。

トトロに足揉みを教えてくれた師匠(Sさん)の話をしますと、
Sさんが整体の学校に通っていた時、実は一番出来の悪い弟子だったそうなんです。
先生に「わかりましたか?」と聞かれると
「わかりません、もう一度お願いします」と常に言う生徒だったそうです。
しかし最後には、先生に「そういう人の方が開業できる」と言われたそうです。
そりゃそうですよね、何回も自分が覚えるまで教えてもらっているわけですから。

だけど皆さんも身に覚えがあると思うのですが、
習っている時に、先生にほめてもらいたくて、
ついわかったふりをしてカッコ付けてしまうことありますよね。
その時は一見優等生に見えますが、実際には本番でカッコ悪いことになる人が多い。

物事がわかってくると、人はどういう態度になるかのしくみを教えちゃいますと…。

ひとつわかってくると、なにかしら次の質問が湧くわけです。
でも教える方も神様じゃないから、質問に完璧に答えることはできません。
先生からなにかしらの返事はもらえるけど、さらに理解が深まれば、また新たな疑問が出てくるわけです。
そして疑問が累積すると、とうとう反発に至るわけです。
これが理解した人の態度です。質問〜疑問から反発に至るはずなんです。

 つまり、
「わかりましたか?」
「はいわかりました」と言う人は
「わかりたいです」ぐらいの段階なんですね。
本当にわかった人というのは、先生に質問があり、
質問に完璧な答えが得られないと、新たな疑問が沸き、
疑問もたまってくると反発に至る、
それは自分の意見が出てくるから。
それが理解した人の態度です。

ところが、習っている人たちが集団行動の中で、
変な仲間意識を持つことがあって、
わかってきた人をみんなで寄ってたかって弾圧し始めることがあります。
「あいつは先生に反発ばかりして態度が悪い」とかね。
それは何かを覚える上では意味のないことですよね。

わかってない人、先生を信奉している人、信者のように妄信するタイプの人は、
派閥や組織を作りたがります。
僕はそれはやって欲しくないから
「質問〜疑問〜反発はわかった人の態度だ」と最初に言っておくわけです。
そうすると、その後そう言われた記憶は頭になくても
「はいわかりました」的な態度を、僕が好んでいない、
または反発に至った人を弾圧することを僕が好んでいない、
ということが、心や身体の片隅に残っていて、変な行動を取らなくなるんですね。
最初に無意識にプレッシャーをかけているとも言えるかな。

カッコ悪く覚えると言ったのには、もうひとつ理由があって
「テキストは現場を持ってからの方がよい」ということがあります。
テキストで覚えた人というのは、頭から知識として覚えてしまうんですね。
頭から覚えた人と言うのはお客様に対してイヤミにもなるし、
そもそも技術が身に付くのが遅れる。
頭で理解したことしか身体がやっちゃいけないと思い込むんです。

これ、彫刻刀などを持つ芸術などの分野なら、
テキストから入るのは意味が無いとわかると思うんだけど、
揉みも技術職だからね、同じなんですよ。
実際にやってみてからテキストを見る。
そして「なるほど」と思う方がいいです。
頭は身体の助けになるべきであって、頭で身体を縛ってしまうと、
身体がその範囲内でしか動けなくなるのでダメなんです。

テキストを使わなければますます覚え方がカッコ悪くなります。
テキストに答えが書いてあって「はい正解」と言われればスマートですよね。
一見ちゃんとできているように見えちゃうけど、結局は身に付いていない。
だからこのようにテキストで覚えちゃった人は、
整体師の学校に行っていい成績をとったとしても開業できません。
体感がないから。
学校中毒と言うような状態になって、
何件も違う学校に通い直すような学校マニアになっちゃう人もいるみたいです。
余計にがんじがらめになってしまう。

カッコ悪く覚えることを怖れない人は、
身体に身に付くということがおぼろげでも
「わかりません」を言える。
何回も一度ゼロになる。
質問〜疑問〜反発という態度も、カッコよくはないですね。
「はいわかりました」と言うのは優等生っぽくて行儀がいい感じがしますが、
それと反対でしょ。
僕はそういう優等生みたいなのを望んでないからね。
だからここに集まっている人たちは行儀がよくてカッコいいとは言えないでしょ?(笑)

(※ここで話を聞いていた人からこんな言葉が)

Yさん:それがカッコ悪いとは思わないけど…

トトロ:ああ、それでいいです!実際にはカッコ付ける方がずっとカッコ悪いの。
僕が言っているのは「自意識でカッコ付ける」方がカッコ悪いということ。
自意識ではカッコ悪いなと思う人の方が、傍から見ているとむしろ自然でカッコいいですよね。

Yさん:何年経っても、年をとっても、大人だからとかも関係なく、
わからないことはわからないと言うことは全然恥ずかしくない、そう育てられたから…

トトロ:それでいいんです、良い教育ですよ。
カッコ付ける方に育てられちゃうと、人間はカッコ付けなくちゃいけないと思い込んでしまうからね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。