上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.24 もやしもん
こんにちは、栗木ンディです。
昨日、仕事絡みで福島を訪れました。
ほんの数時間の滞在ではありましたが、
体感として、うん…ちょっと濃いかも…と感じました。
雨が降っていて湿度が高いにも関わらず、喉がカラカラになっていきます。
顔に当たる空気も少し、トゲっとしている感じです。
まさに、「ただちに影響はない」けれど、
蓄積の仕方によっては、影響が出るだろうなぁ、という感じでした。

その福島でも、ンディの住んでいる地域でも、
「熱はないんだけど咳が出るのよね〜」
という種類の風邪をひいている人をよく見かけます。
他にもいろいろな不調を感じている人も多いですが、
森のトトロの話では、いくつか段階があるらしいです。

同じ放射能にさらされていたとして、
今、特に体調になんら変化を感じていない人と、
なんらかの不調を感じている人の、2種類だけで分類しようとすると、
判断を間違ってしまうそうです。

少なくとも、4種類に分けておいた方が良さそうです。

まず、もともとの身体全体の流れがよくて、
もやしもんが素早く放射能対策をしてくれたために、
大きな不調を感じず、このまま乗り切れそうな人。

次に、不調はあるけれど、日によって変化がある人。
ところどころ、滞りはあるけれど、
温泉に入って流れがよくなったら痛い場所が変わったとか、
もやしもんが、今飛んできている放射能への対策ができるように進化するタイミングで、
体調がよくなったとか。

あまりいい状態とは言いがたいのは、
ずーっと同じ場所が不調で、日に日に悪化している感じがする人。

そして、最後に、
身体の流れが常に滞っていて、除菌が大好きで、
特に放射能の影響も身体の不調も今は感じていない人。

この危険度の違い、森の仲間の皆さんならわかりますよね?


森のトトロは、
「もやしもん」が、日本を、人類を救う鍵になるはず、と
常々言っています。
(※"もやしもん"は石川雅之氏のコミックタイトルです。このブログでは、「菌」という意味で使わせて頂いています。面白いのでぜひ皆さん読んでみてくださいね。)

この「菌」には、膨大な種類があるため、ひとことではなかなか説明しきれませんが、
大きな特徴を言うと、まわりの環境にとても敏感で、分裂のタイミングが早い、
ということになると思います。

生き物の存在するところには、必ず「菌」も存在します。
逆に言えば、菌が存在しなければ、生き物は存在できません。

以前にも書きましたが、
旅先で生水を飲んでお腹をこわす、というのは、
現地の人は、そのお水を分解吸収できるように学習した菌が体内にいるけれど、
旅で訪れた人の場合、その学習が間に合っていない、ということなんですね。
だから、しばらく滞在しているうちに、お水を飲んでもお腹をこわさなくなります。

森のトトロから最近聞いたお話。
しばらく履いていなかった靴の、ゴム部分が、
おそらく放射能の影響により、どろっと溶け出してきてしまったそうなのです。
さて、その靴は、新品だったでしょうか、履き古したものだったでしょうか?

ちっちっちっ………






正解は、

新品の靴のゴムが溶け出した。
でした。

つまり、履き古した靴には、人間の持っている菌が移り住んでいます。
新品の靴には、菌がほとんどいなかったために、
環境に適応できず、形を保っていられなかった、という仮説が成り立ちます。

この話、もっと掘り下げたら、もっと複雑になっちゃうので、
(分解するための菌がいたはずだ、とかね)
今日はここまでで勘弁してあげます。( ̄ω ̄;)エヘヘ...

ちょっと長くなってしまいましたが、
放射能ともやしもんについて、
これはもうちょっと研究した方がいいかも?という気になってきますよね。

発酵食品をたくさん食べましょう、と言い続けた理由、わかっていただけましたかね?


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://totoro2011.blog9.fc2.com/tb.php/31-85c5d669
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。