上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめに…

 森のトトロは揉み師です。もともと薬屋を営んでいたのですが、
調子のよくない人には薬だけでなく、足裏の揉みが効果があるということから揉みを始め、
様々な状況や出会いの中で、足裏のみならず様々な療法を研究しています。

 トトロの弟子になりたいと意思表示をした人に対して、最初にお話していることがあります。
それは、誰かが誰かに何かを教えようとする時に、知っておいた方がいいことなのですが、
組織(学校から会社、また趣味のサークルまで含め)の中で、
人と関わる時にもとても役に立つお話なので、ぜひ最後まで読んでみてください。


まず最初に3つの要点の話をします。


「新しいことを習う時には一度ゼロになる」
「カッコ悪く覚える」
「自分の身体を把握して出てくる自然な言葉で」

 
トトロに弟子入りする前にこの話を聞いておくと、
後々教わった技を忘れてしまったとしても、現場で健全に本能で対処しやすくなります。
言われたことを頭で覚えていなかったとしても、身体がちゃんと反応するので大丈夫になっていくのですが、
この話を最初にしていなかった時代に弟子になった人もいて、
そういう人はこの原則がわかっておらず、苦労しているケースもあります。

ちょっと長い話になりますので、
「新しいことを習う時には一度ゼロになる」
のお話は次の記事で。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://totoro2011.blog9.fc2.com/tb.php/34-9e4b9a14
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。