上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「直感系」

そして、三つの傷、
「外からの傷」
「内側の傷」
「暗示の傷」(しばられた傷というべきか…。)
その3つの傷を乗り越えて、最終的になるのが「直感系」なんです。
共感との違いは簡単。
共感は単に感情が読めるだけでしたけれど、
直感は自分に合うか合わないかが基準です。
世間的に正しいとか間違ってるとかそういうことはどうでもいい。自分に合うか合わないかだと。

この人の長所は要点の把握能力が一番高いんです。
教わっていても「ここが要点でしょ?」とすぐにわかります。
ただ教える側の注意点としては、
ゴールから教えないとすぐ授業に来なくなる(苦笑)。
自分に合わないと思うとすぐに来なくなるんです。
コツコツ下から積み上げる、そういうのは苦手なんです。

例えば授業ではいろんな場所をいろんな方法で揉んだ後、
膝裏を緩めればいいと教えるんですけれど、
その時に足を上げて伸ばせば膝裏は緩むんです。
で、直感系の人はですね、
最初から足を上げりゃいいんじゃん!という発言をした人がいます。
コツコツ揉むより 比較的そういうのが好きなんですね、直感の人って。
ただ、要点がわかるからこそ奥義が欲しいわけで、
コツコツ積んでいった体感というのが苦手な場合のケースですが。

他の3つの傷が癒えて直感になった人はいいんですが、
生まれながらにものすごい直感系という人もいます。
本当の芸術家とかで、
人の言うことを一切聞かないし、すぐ授業には来なくなる。面白いんだけどね。
ただ、うちの組織はいつしか傷が癒えてみんな直感系になっちゃうんで、
教える側としてもイヤだとは言ってられないわけですよ。
また必要があれば来るし、
まぁ義理堅く育って連絡をくれる人も中にはいるんだけど、
いつ来るかはさっぱりわからないということも多くて面白いです。

この直感系の人は悪くすると教祖になるんです。
教祖になって狂信者と組んだら組織は滅びるという組み合わせになっています。

暴君(率直系)と官僚(論理系)の組み合わせ、
狂信者(共感系)と教祖(直感系)の組み合わせ、
これがぴったり合った時に、
組織がおかしくなってどうにもならなくなっちゃうというパターンがたまにありますね。

Yさん:全部自分に当てはまるんですが…

トトロ:Yさんは、ものを覚える時には直感系になっているんじゃないかな。
ルートは違うけどいろんな傷を乗り越えて直感になった頃にたぶん僕は会ってるんですよ。
だって自分に合うか合わないかの話をしてますよ。
Yさんがしゃべったセリフをいくつか覚えてますから。
だけどまぁ、直感系になったばかりかもしれません。
だから散々その暗示も傷も解けていろいろあった後なのかもしれませんね、
僕が見た時にはもうその状態だったから。
でもまだ新しいやり方でどうやって生きたらいいのかが、ス
イッチオンにはなっていなかったんですね。たぶん環境かな…。
本人は育ったけど、組織の一員だったから、自己流で運転したことがなかったんですね、
マシンは改造されて本人は成長した後だったのに。

このタイプどれも当てはまる気がする人は多いです。
全部の傷を持っている人はいっぱいいます。
でも習う時には結構どれかになることが多いんですよ。

こういうことを学校でわかっている人がいればいいんですけどね。
どうしても「競争させる」方にいっちゃうからね。
教える側がどういう風に見てるかをはじめにバラしてしまう。
すると人は無駄な競争ををやめるんです。
自分の中の外の傷、内の傷、縛られた傷が解けて直感に至って、
直感になると言うことを聞かなそうな人になって、
自分に合うか合わないかで、要点だけ満たされていく。
それでも、他の傷がある人は意外とどれもわかるから、態度は悪くないですけど。
生まれながらに直感系の人ってたまにいるんです。
そう言う人は態度が悪い。才能はあるんですけどね。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。