上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生きることにいろんなつらさを感じている人へ、
森のトトロが叔父から教えてもらった『豪華客船・普通丸』という例え話をしましょう。

046345.jpg

「普通」とは本来の意味は「普遍に通じる」という意味で、単なる多数派という意味ではありません。多数派という意味なら「世間一般」の「普通」とでも言うしかありません。

本来の「普通」は、もう普遍すぎて当たり前で意識しなくなった感じのもので、あまり話題にはなりません。(海外から見た日本やどこかの国の「文化」=「普通」について、のような形で話題にすることがあるくらいでしょうか。)

「世間一般」の「普通」は、現在の多数派が「普遍になるかも」と無意識に感じていて、つい「無言の押し付けになってしまって」いるものです。「なって」しまっているだけで、意識はありません。それに気付くくらいなら、実は普遍に通じていないことに気付けますから。

これは、暗示にかかっているのと同じような状態であり、その人の「世間一般」の「普通」を否定しようとすると、怒り出したり、内心で憤り始めます。

「暗示」というものは、かかる時は快楽を感じるのに、解けるときには反発や恐怖を感じてしまうものです。イメージとは逆ですが、誉めたりして「煽る(あおる)」方法が基本だから、そういう風になり易いんです。

そして、「世間一般」の「普通」というものは、「努力」や「成果」や「善悪」などという、重要なものの土台や前提条件になってしまっている「常識」という「暗示」だとも言えるので、それを否定されると、それまでの人生の努力や成果や善悪判断を否定された気分になってしまいます。

だから、「世間一般」に反した事を主張するものを、無意識で抑え込んだり否定してしまう。そして自覚もなく「そうなって」しまうだけなので、それをしている事を認めません。

「世間一般」の「普通」とは、そういう「変人を無意識で排除」してしまう仕組みです。

世界を大きな河に例えて、「普通」を「豪華客船・普通丸」という船に例えると、「世間一般の普通」こそが、大河を泳ぐ人々を、無慈悲にさえぎり、溺れさせ、傷つけ、上からあざけり、殺してきたんだ、という風に考察できるという事です。

自分の力で泳ぐ人々にも、矜持(きょうじ。誇りやプライドの意)や流儀があり、目的を持って泳いでいます。

むしろ、目的などはっきりしていないのは、「豪華客船・普通丸」の残酷さにも気付けない乗客たちであり、自分達は恐ろしい(と思い込んでいる)河で溺れないように、豪華客船から落とされないように、ぶら下がってでも、船にしがみつこうと、船の中で、地位や経済や名誉の争いをしているのです。

014205.jpg

トトロの叔父は、
「その豪華客船を一回おりてみないと、人生なんて、ちゃんと始まってないようなもんなんだけどな。」
「おりて、客船にまた戻ろうとするより、一回岸にあがって、見てみろと、言いたいね。」
とも言っていました。

でも「岸」とは、あの世との狭間の例えとしても使われる言葉だから、生きるか死ぬかをくぐって、生き延びてサバイバーと呼ばれるような苦労や艱難辛苦だったりするんですけどね。

それに、一度降りると、高級な常識的社交界ともいえる豪華客船には、なかなか戻りづらいから、「ちょっと変な客船おかしい丸」とか、変わった人達の集まりに参加したり所属してみたりなど、人生の船を乗りなおしたりしても、いいんじゃないかなとも思います。

「豪華客船・普通丸」に乗り続けるのも、そこから降りることも、どちらもなかなか大変な試練で、やっぱり客船に戻ったり、自分たち用の船を造ろうとしたり、一人で大河を泳ぐ方法を研究したり、「大河で死ぬまで泳ぐ会」を発足したりなど、みんな結構むちゃな試練を発想したりして、この世を泳いでいるんだというように、感じています。

004804.jpg

以前の僕は、「豪華客船・普通丸」にあまり関わらない方がいいと思っていましたが、最近は、それぞれの目的次第でいろいろに変化していくものだと気付き、結果、自分にとって最善を選べばいいのだ、と思うようになってきました。
この例え話が誰かの役に立てば幸いです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://totoro2011.blog9.fc2.com/tb.php/47-fea1e022
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。